(一財)大阪科学技術センターATAC

2015年11月7日土曜日

日本シリーズ、ヤクルト山田の3連発とバイオリズム


終わってみればソフトバンクの圧勝で終わった今年の日本シリーズですが、唯一観客を沸かせたのはヤクルト山田のシリーズ史上初の1試合3連発でした。

スポーツ選手が試合で実力を発揮できるかは日頃の鍛錬や、コーチやトレーナのサポート、相手投手との相性など様々な要因が関係すると思われますが、選手自身の体調の周期性と関連があるか調べてみました。

バイオリズムはドイツのベルリンで開業していた耳鼻咽喉科・外科の医師ウィルヘルム・フリース(Wilhelm Fliess, 1858-1928)が1897年に提唱した概念です。
フリースは医者として、患者の容態変化から23日の身体周期と28日の感情周期を見出しました。

各リズムは、生まれた日を基準とする同じ振幅の正弦波として表されるとしました。

シーズンでトリプル3を達成し、本塁打38本を打った山田の生年月日は1992716です.
2015年のシーズンは327日に始まり、山田は全143試合に出場しました. 143試合の中で32試合に本塁打を放ち、内4試合で2本、1試合で3本を放っています。


104日までのシーズン日程の中で、バイオリズムの身体周期23日から見ると高調が8回、低調が8回現れます。
山田の身体バイオリズムと本塁打有無の関係をグラフ化した図を以下に示します。
縦軸の1.0のラインの赤丸が本塁打を打った日、0のラインに並ぶのが本塁打無しの日です。
これで見るとバイオリズムと本塁打の相関は見られません。


 
身体バイオリズムと本塁打有無の関係をもっとわかりやすく表現したのが次のグラフです。
横軸に身体バイオリズムの高調、低調を示しますが、一見してわかるように両者に相関は見られません。 従ってこれをロジスティック回帰分析しても近似線が得られません。
ちなみに1試合に3本塁打を打った822日中日戦の係数は-0.89、日本シリーズ3戦目は1027日、その日の係数は-0.94です。













 残念ながらバイオリズムとの相関は見つかりませんでしたが、収穫はExcelの日付計算に関する優れた機能です. Excelでは190011日を起点0として、年月日のシリアルデータを計算しています。 上記の山田選手のバイオリズム計算では、誕生日から試合日までの日数はそれぞれ190011日からのシリアル値を求め、それを引算して閏年を加味した正確な日数を求めています. バイオリズムの身体周期に関する計算では日数を23で割り、その剰余(余りの数)÷23から三角関数sinθに代入して係数を演算します(Excelの三角関数ではθ部分はラジアンなので注意)

今回は打者にバイオリズムという周期性を当てはめることはできませんでしたが、一般のビジネスでは変動データの中に周期性が含まれることは多くあります。
 
周期性がわかればビジネスの予測に適用し、業績向上やロスの削減、人材や在庫の適正化に生かすことが可能になります。

そのような事案がありましたらATACにご相談ください。

2015年9月10日木曜日

「世界最小のパソコンはビジネスに使える」

スマホに対抗するように、パソコンの小型化、低価格化が進んでいますが、最新のIntel製のComputer STICKという超小型パソコンを購入し、動かしてみました。(以下STICKと表現します)
STICKはモニターやテレビのHDMI端子に直接挿して使います。
価格は約19,000円で、15年前に購入した1GBUSBメモリーとほぼ同じです。
ちなみにこの小型コンピュータ には32GBのメモリーが内蔵されています。

(左写真:サイズ比較、上がSTICK、下がUSBメモリー)

OSWindows8.1ですが、それを一度も使わずに最新のWindows10にアップグレードし、自宅の42インチのテレビの
HDMI端子に延長ケーブルを介して接続しました。(下写真)
インターフェースとしてWi-Fiとブルートゥースが内蔵されているので、ワイヤレスのキーボードとマウスを接続すると、“大画面付きの最新パソコン”が出来上がりました。起動はSSDなので早く、ユーザ登録し、無線ルータのPWを初期設定すればすぐにインターネットも使えます。

(写真:大型テレビにWindows10を表示、手前はワイヤレスのキーボード)
 
この小さなコンピュータをビジネスの現場で使う場面はいろいろ考えられます。
   オフィス環境の改善
  スペースに余裕のないオフィスでは、デスクトップのパソコン本体を、
  机の上か、足元に置くことが多いと思いますが、このSTICKをディスプレイの
  裏側に挿すだけなので、スペース余裕ができ、また無線ルータがあれば、
  LAN配線もなくなり、すっきりとしたオフィス環境ができます。

   デジタルサイネージの制御.
  商業施設などの大型ディスプレイへの画像データ表示は、現在ではHDMI
  ケーブルを長く引き伸ばして、パソコンから映像データを送るか、すぐ近くに
  ノートパソコンを置いて表示すると思いますが、このSTICKをディスプレイに
  直接突き挿し、動画データやスライドショーをWi-Fiを通じて表示制御ができ、
  すっきりした展示ができます。

   ビジネス・プレゼンテーション
  最近のプロジェクターはコンポジットとHDMIの両入力に対応していますので、電源を
  含むと結構重くなるノートパソコンではなく、このSTICKと小型キーボードやマウスを
  持参すれば、すぐにプロジェクターを使ってプレゼンテーションができます。
  (ただし、アプリケーションソフトは別途、インストールの必要があります)

もちろん、2台目、3台目のパソコンとして、自宅で使えばスペースやコストの観点で
有効と思われますので、興味ある方は是非お試しください。 (坂井公一)
 


 
 

2015年7月6日月曜日

RWF 人の作業を改善する技術を学んでみませんか

RWF 人の作業を改善する技術を学んでみませんか

 RWF(Ready Work Factor)は19世紀の末から盛んになった作業改善への取組の中で、20世紀の前半アメリカを中心に多くの学者・研究者たちの半世紀に及ぶ研究開発の結果を集大成したとも言える技術です。人の作業を動作に分けて、動作の困難性に応じて定められた時間値表から動作ごとに必要な時間値を求め、集計して標準作業時間を求めるもので、作業の効率を高めるには大変有効な手法です。
 日本が世界の工場になって行った20世紀の半ばには多くの大企業が取り入れ、大きな成果を挙げました、しかしその後、合理化の中心が自動化、無人化になるに従って、今では忘れられた技術になっています。
 しかし、現在も日本でものづくりを続けている企業では多品種、短納期に対応して人が作業を行う現場が多くみられ、今も有効な技術である事には変わりはありません。
 ATACでは、皆さんのお役にたてるよう、この忘れられた技術であるRWFを掘り起こし、分かり易いテキスト・教材を用意しました。平成25年5月にその第1回講習会を開催して以来、参加者が必ず使える事を目指して、少人数で、講義だけでなく現場を見ての実習も組み込み講習会を開催しています。




大阪科学技術センター
ATAC 吉田良耿

2014年12月31日水曜日

スマホは熟年世代の最強兵器だ(後篇)


 前篇ではスマホを使ったデジカメの遠隔操作とスマホを無線LANルータとして使うテザリングの紹介をしました。後編ではスマホの画像をパソコンの大画面やテレビに接続して大きく見る使い方とカーナビ連携を紹介します.

【3】スマホを使って大画面のプレゼンをする方法
      スマホの底の部分には充電用のmicro USB コネクタがありますが、これをパソコンのUSB端子  に接続するとパソコンとデータの共有が可能になります. またAndroidスマホでは、テレビのHDMI端子に接続できるMHL規格を備えています.

 もちろんプロジェクターに多いVGA映像端子にも変換アダプタで簡単に映像を送ることができます。(左図参照)
これによりネットやスマホで撮影した写真を大きな画面で楽しむことが可能です.スマホをケーブルでパソコンのUSB端子に接続すると互いにデータを共有でき、特にAndroidのスマホに標準でインストールされているPOLARIS office 5というマイクロソフトのOFFICEと互換ソフトにより、WORD、パワーポイントなどの閲覧だけでなく編集もできます. ちなみにこの記事はスマホで書いています. 


キーボードは無いですが、日ごろ使い慣れているスマホのフリック入力(タッチした指を上下、左右にスライドして入力する方式で、高速入力が可能なります)と入力予測式のスマホの入力方式は結構効率が良いと感じます.
 パワーポイントでのプレゼンは、会場にパソコンが設置してあればUSBメモリーだけ持参して楽なのですが、バージョンなど不安がある時は自分のノートパソコンを持参します. 最近のパソコンは軽量になったはいえ、電源その他の周辺機器も持参すると結構荷物が増えます.
 スマホでプロジェクターに映せるとなると、VGAアダプタだけで済むので準備は一気に楽になります. テストの結果、複雑なアニメーションだけ避ければ、スマホからのパワーポイントによるプレゼンテーションは支障がないことがわかりました.

【4】カーナビ連携
  筆者の愛車は9年目に入るのですが、地図データが古くなり、神戸空港に行く時はナビ画面では海の上を車が走ることになります. ディーラーによるハードディスクの地図データの更新費用が高いため、安価になった最新のカーナビを購入し、現在ダブルで使っています.

Bluetoothによるスマホとのワイヤレスでの連携機能があり、専用のソフトをスマホにインストールし(無料)、目的地を調べて車のカーナビに転送ができます. (左図参照、スマホはデータ転送のためにカーナビの横に置いた状態です. データ転送が終われば不要になります)
今まで車のエンジンをかけてからカーナビの目的地を設定していた時のイライラがこれで解消されます.
道具は使いようで、新しい物にはやはりメリットがあると感じます. 
                                 坂井公一

2014年12月28日日曜日

スマホは熟年世代の最強兵器だ(前篇)

中堅・中小企業の技術コンサルタントATACは、相談無料!!

いつでも、ご相談下さい。


ガラケーから最新のスマホに変えてから1年になります.
多すぎるほどのアプリに戸惑いながら、少しずつその有効な使い方を習得しており、その一部をシリーズでご紹介します.

【1】デジカメのリモコンとしての活用
2014年10月8日の皆既月食の撮影を友人から勧められ、デジカメでの撮影を試みました.
しかし、超望遠レンズや頑丈な三脚は保有しておらず、どうすれば撮影できるか悩みました.
持っているのはミラーレスのデジカメとコンパクトな三脚のみ.
幸い、我が家の2階の窓からは障害物なく月が見えるのですが、何しろデジカメの方向を微妙に調整し、デジタルズームも併用して月を画面に捉えても、シャッタボタンに触れるだけで月はどこかに飛んでしまいます. そこでデジカメのNFC(Near Field Communication:近距離無線通信技術)を初めて活用し、スマホとデジカメをWi-Fiで接続し、カメラにノータッチでスマホからシャッタを切ることにしました.(左の写真は撮影機器と環境の再現画像です)
この方法が意外に成功して、欠け始めから終わりまでの2時間を写真に撮ることができました.
ちなみに皆既月食では月は地球に完全に隠れますが、波長の長い赤や赤外光が回折し、月を上手く照らしてくれます. デジカメは人間の目より赤外光を良く写してくれるので、肉眼より鮮やかに赤銅色に輝く写真が撮れました. ちなみに以下の写真で19:38の皆既月蝕時のデータはISOが800、シャッタ速度は1s、絞りはF5.6でした.


【2】テザリングでパソコンをネットに接続
 仕事でノートパソコンを持ち出すことが時々あるのですが、空いた時間にネットに接続したいこと
が有ります. 最近は多くの場所でWi-Fiに接続できるのですが、郊外などでそのようなホットスポットが見付からない時、スマホ経由でパソコンをネットに接続するのがテザリングです.
これもWi-Fi接続ですが、IDとPWで接続するので一部の公共のWi-Fiよりセキュリティー的には安全と思っています. 速度も決して遅くなく、ただしスマホの契約条件でデータ容量を決めているので、私の場合は3GB/月ですが、スマホにデータ使用量がグラフ表示されるので、高額の追加料金を請求されるリスクはあまりありません. 
 聞くところによると、最近はスマホだけで卒論を書いてしまう学生が出現するなど、若者はスマホを精一杯に活用しており、熟年世代も負けないようにしたいものです.
後編ではスマホで大画面のプレゼンをする方法、カーナビとの連携、大容量のデータストレージとしての利用などをご紹介します.

坂井公一

2014年4月13日日曜日

本の匂い、珈琲の香り

中堅・中小企業の技術コンサルタントATACは、相談無料!!

いつでも、ご相談下さい。

 40数年前のことですが、ちょっと贅沢な気分を味わえたのが京都の河原町通りにあった丸善に行くことでした。本屋さんには紙かインクが分かりませんが独特の匂いが満ちていました。丸善の2階
には煌めくほどの洋書が並んでおり、また舶来の文房具、事務用品を羨望の目で見ていました。京都丸善は梶井基次郎の作品「檸檬」に実名で登場します。
 その洋書の並ぶ2階にはコーヒースタンドがあり、いつもコーヒーの香りがフロアーに漂っていました。学生などが近寄れる雰囲気ではなく、いつか自分もここでコーヒーを飲める身分になりたいと思っていました。
 就職して職場も住居も大阪になってからは丸善に出かけることは無くなりましたが、その丸善が2005年10月10日に閉店したことを後で知りました。
閉店が報じられて以降、書棚の上に檸檬を置いて立ち去る人が続出し、店はバスケットにそれらの檸檬を積み上げたようです。
 丸善ではコーヒーを飲めませんでしたが、近くの喫茶「築地」、「フランソワ」、そして東郷青児の作品が展示されている「ソワレ」ではコーヒーを飲みました。
驚くべきことにこれらの老舗喫茶店は今も営業を続けています。

 洋書には縁が無かったですが、安価な文庫本はよく読みました。
昔買い集めた本の多数は処分してしまいましたが、現在は電子図書館である「青空文庫」で読むことができます。日本の著作権50年を超えた名著13000作品が無料で、しかもパソコンの大きな画面で見られるので文庫本の細かい字が読めなくなった身には助かります。 2013年は吉川英治、室生犀星、柳田國男らが青空文庫入りしました。遠くないうちに三島由紀夫(1970年没)、川端康成(1972年没)も電子化されます。その電子化(テキストデータ化)はボランティアが入力、校正、ファイル作成を担当しています。
 その方達を青空文庫では「青空耕作員」と呼ぶそうで、名前も微笑ましい感じがします。

 この無料の青空文庫がピンチを迎えています。TPP交渉では著作権を70年に改めるように米国から要求を受け、妥結すると“休耕状態”となり、三島由紀夫と川端康成がネットで読めるのはずいぶん先に伸び、文庫の収録が20年に渡り停滞することになります。

 海外では、グーグルが2003年から世界中の図書館蔵書のスキャンを始めており、ハーバード付属図書館が400年近くかけて収集した書籍のうち約1550万冊、スタンフォード付属図書館の100万冊以上、慶應義塾図書館の12万冊、ボドリアン図書館(オックスフォード大学)など、著作権保護期間を超えた書籍のデジタル化を今も進めています。
 貴重な書籍のスキャンは人が1枚ずつページをめくってやるようで、1冊あたり25~100ドルの経費を掛けたと言われています。現在、著作権の保護期間(海外では70年が主流)が満了した書籍は、全文が公開されており、著作権保護期間が存続している書籍は、書籍の一部がプレビュー表示され、同時に書籍販売サイトへのリンクが表示されています。ちなみに昔の半導体関係の専門書を検索すると、70年未満なので電子化されておらず、代わりに書店や所蔵図書館が掲示されるので、公平なシステムと見受けられます。

 もう一つのリスクは日本を含む200各国が締結するベルヌ条約が有り、米国で判決が出た著作権に関するすべての規制が自動的に日本にも及ぶ問題です。
 冒頭で述べた丸善京都店ですが、2015年春に営業を再開すると報道されています。その時には2階の喫茶コーナで、喫茶コーナが出来ればの話ですが、是非とも珈琲を飲みたいと今から楽しみにしています。
                                                  坂井公一

2014年3月31日月曜日

デンドライト

中堅・中小企業の技術コンサルタントATACは、相談無料!!

いつでも、ご相談下さい。


 デンドライトは樹枝状晶とも呼ばれ、あたかも枝が伸びたような結晶のことをいいます。北国の寒い日に窓ガラスに見られる氷の結晶も木の枝のような形をしているのはよく知られています。
 水は常温では液状で低温に冷却してはじめて固体になりますが金属は高温に加熱されて、はじめて液体となるため、溶けた金属を目にする機会は多くありませんが、金属も液体から固体になる際に芸術的といえるような結晶が生成しているのです。その一つにデンドライト状の結晶成長があります。
 一般の金属は複数の元素が混合されたり、不純物元素が含まれていて、液体状に溶けているときには均一に混ざっていても、凝固の際には純度の高い金属が優先的に結晶として固体になる性質を持っています。このときに結晶の成長に伴い液層の界面では他の成分が排出濃化され、成分分布と温度分布が複雑な関係になり、結果として結晶化しやすい方向に直線的に結晶が成長し、時には枝分かれして樹枝状のデンドライトが形成されます。このため冷却速度が異なるとデンドライトの形態も変化していきます。
写真は溶融温度が低いカドミウム溶液中で結晶成長させたアルミニウムのデンドライト組織です。
アルミニウムの結晶(凝固速度:速)
冷却速度が速い場合と、遅い場合に比べて、結晶の先端の形状が変化します。ゆっくりとした結晶成長では、はっきりとした結晶面(ファセットと呼ばれます)が形成され、芸術品のような形状を呈します。
アルミニウムの結晶(凝固速度:中)

アルミニウムの結晶(凝固速度:遅)



筆者がカナダ・トロント大学の研究生の頃の研究です(1975)。(指導教授:John W Rutter)
(三浦 實)